日米英語学院の口コミとスクールの内容を紹介しています。

日米英語学院の全体的な評価に関する口コミ

1回だけ担当の講師と合わなかったので変えてもらいましたが、柔軟に対応していただけました。人気のある講師だと予約を取るのが難しいのですが、チケット期限内に受講できるよう事務局側で調整してくださり助かりました。

TOEICの目標点を50点以上も上回るスコアを出すことができ感謝しています。自習室はネット使い放題で飲み物やお菓子の販売もあり、とても居心地が良いです。仕事帰りに自習だけして帰ることも可能なので便利です。

最低1カ月からレッスンを受けられるのでお試しで受講したい人にもおすすめです。上級クラスになると授業のスピードが早く、宿題も多く出るためついていくのが大変ですが、いい意味で鍛えられたと思います。

講師に関する口コミ

講師の質は高いと思います。毎回宿題を出してくださるのでしっかり勉強できますし、教え方もわかりやすく丁寧でした。日本人の講師は、自分の弱点をしっかり分かってくれていたので毎回レベルアップを実感できました。

どの先生もテンションが高くテンポが良いのであっという間にレッスンが終わる印象です。先生がどんどん話しかけてくるので、ぼーっとしている暇はなく集中してレッスンに臨めました。事務局の方も親切で、勉強や留学のことなどなんでも相談できました。

TOEICのスコアを伸ばすために通い始めたのですが、目標を達成するための明確な学習法を示していただき大変参考になりました。私はあえて日本人講師を選び「日本人としてのリスニングやナチュラルライティング」を教わりました。TOEFLは目標を達成でき感謝しています。

授業料に関する口コミ

ほかの学校よりも割安感があったのと月謝払いが可能なため選びました。1年分の授業料を一括納入すると10%割引が受けられるようです。ただ、教材費はテキスト、ワークブック、ディクショナリー、フラッシュカードの4点で15,000円というのは割高かな?という印象があり、それだけが唯一気になった点です。

授業料

■スキル・テーマ別英語(15~18名)
1レッスン(60~150分):3カ月あたり31,000~69,000円

■プライベートレッスン
1レッスン(90分):20,000円~
※原則として5レッスンから申し込み可能

▼入学金
21,600円

テキストに関する口コミ

TOEFLクラスのテキストはTOEFL特有の出題傾向をうまく解説していた教材だったので試験のイメージがはっきりとつかめました。リスニングのCD教材も内容が濃く、毎日飽きずに聞けました。

テキスト

オリジナルのテキストを使用することが多いようです。「薄い冊子なので持ち運びがしやすい」という口コミも。受講外のクラスでも希望すればテキストをもらえるそうなのでたくさん勉強したい方にはありがたいですね。

開講時間に関する口コミ

レッスンを休んだら振替できます。その際、気になっているクラスを試したり、少し上のレベルのクラスを試したりできるのが良かったです。

開講時間

平日/11:00~21:30、土曜/10:00~

19:30、日曜/12:00~17:00
※新宿校の場合。スクールにより異なる。

細分化されたプログラムだから目的に合わせてスキルを磨ける!

1945年の創立以来、受講生の累計は15万人を超えるという実績を持つ日米会話学院。多くの受講生が2~3年以上継続し、なかには15年以上も通い続ける方もいるそう。

どのスクールも駅から徒歩5分以内という利便性も魅力ですが、生徒ひとりひとりに合った学習プラン「個人カリキュラム」が整っていることも継続する人が多い理由のひとつ。

また、初級から上級までレベル別、テーマ別に週1日から、早朝、昼、夜、土日など幅広い時間帯から希望の日時を選べるのもポイントです。プログラムは、「英会話」「文法・ライティング・語彙」「リスニング・発音」「リーディング」など、70種類以上に細分化されており、その中から自分に合ったコースを組み合わせるので弱点を補強したり、強みを伸ばしたり、効率よく学習を進めることができます。

講師は、英語のネイティブスピーカーのみ、日本人バイリンガル講師のみ、または両者を組み合わせて選ぶこともできます。

常に高い指導力を維持するめ、6ヶ月ごとに授業内容、勤務態度、生徒満足度の定期調査を行っていることもあり、講師の質には定評があります。

ページの先頭へ